肌の状態

毎日私たちが必ず行っている洗顔ですが、意外とその正しい方法は知られていません。

洗顔方法ひとつで数年後の肌の状態が違ってくるといいますが、基本的な洗顔方法はどんなものなのでしょうか。洗顔方法の基本としては、まずゴムやヘアバンドで髪の毛をすっかりとまとめておき、顔を邪魔しないようにします。それから、洗顔料の泡立ちをよくするために、洗顔の前には自分の手をきれいに洗っておくことを忘れないようにしましょう。顔は、洗顔料をのせる前に少し湿らせますが、このときぬらしすぎない方が良く、一度水をつけて軽く拭き取ったくらいの湿らせ方が適当です。乾いたままの肌に洗顔料をつけると、弱酸性の肌にいきなりアルカリ性のものが触れることになるので刺激が強すぎるのです。洗顔の前に濡らしておくことは、汚れを泡に巻き込みやすくなるということで、洗浄効果も高まります。泡はきめ細かいほどよく汚れを落とすので、洗顔料はとにかく良く泡立たせることがポイントです。
ブルースリムプラス