身体のニオイについて

ニオイの原因は、汗と皮脂と皮膚の常在細菌の3つです。

汗や皮脂そのものは臭いませんが、それらの皮膚にいる常在菌が食べてエネルギーを代謝し、増殖します。
そのときに汗臭やミドル脂臭の原因となるニオイ成分が排出されて臭うのです。

また、加齢臭の発生メカニズムは、汗臭やミドル脂臭とは違い、皮脂が空気中の酸素により酸化されてニオイ成分が発生して臭います。

身体のニオイはさまざまな部位から発生しています。ワキで発生する「ワキ臭」、後頭部から首の後ろで発生する「ミドル脂臭」、体幹部・背中で発生する「加齢臭」、足で発生する「足臭」といった種類があります。
また、年代によっても変化し、20代で最も強くなる汗臭「ワキ臭」、35~45歳で強さがピークとなる「ミドル脂臭」、50代以降に強くなる加齢臭と、特に40代はこれら3種類すべてのニオイが混在し、中でもミドル脂臭が強いと言われています。

ミドル脂臭をはじめとして、汗臭(ワキ臭)、加齢臭などのニオイを防ぐには、主に、「制汗」、「殺菌」、「消臭」、「代謝抑制」、「洗浄」、「マスキング」などの方法があります。

身体のニオイが気になる方はコチラ