痩せているのはストレスが原因かも?

痩せている人というのは実に様々な原因で痩せていたりして、場合によっては痩せすぎていることもあります。

ストレスをため込んでいると、かえって食べ物でストレス発散をして太るのではないか? と思うでしょうが、実際にはそうでないケースもあります。

その原因の一つとして挙げられるのが、ストレスを感じる際に出るコルチゾールというものが原因です。

コルチゾールの働きの一つとして血糖値を上げる作用があります。血糖血が上がることによって、脳は空腹感を感じなくなるように指令を出してくるのです。それによって、普段食べる分よりも少なくても満足してしまうために栄養が足らなくなるのです。

また、精神的ストレスを感じてしまうと自律神経の働きに影響を与え、神経のバランスが崩れる結果になります。それによって、本来の消化機能が低下してしまうことがありますので、しっかりと食事をとっていたとしても、普段よりも栄養が吸収されないようなことがあったりします。

場合によってはストレスによって、胃潰瘍などの病気になってしまうとより消化能力が落ちますので、痩せていってしまうというわけです。ストレスでかえって食欲が落ちるケースの場合には、ストレスのもととなる原因をなるべく立ち、快適な生活をできるようにしましょう。

参考サイト:ファティーボの口コミ・評判から分かった真実を暴露!【効果は?】