正しい洗顔で美白の肌を手にいれる

普段からの洗顔のやり方を一旦見直してみることで、美白効果の高いスキンケアを施すことが可能です。

顔の洗い方を知ることで、洗顔ケアを生かした美白をすることができるようになります。
洗顔の目的は、酸化した皮脂やメイクなどの汚れを落とすことです。
ゴシゴシこすったり、肌を洗いすぎたせいで、肌の油分や、セラミドなどの成分が失われることもあります。
過度な洗顔のせいで、肌をカードするための成分までなくなってしまい、にきびや乾燥がひどくなってしまうことがあります。
泡立て用のスポンジやネットを使うと細かい泡がつくれますので、その泡で洗顔をしてください。
Tゾーンに沿って泡を乗せていき、薄く広げていくことで汚れを泡の中に浮かせ、ぬるま湯で洗い流していきます。
目の周囲や、口もと皮膚が薄く乾燥しやすいので、泡を乗せる程度の洗い方で十分効果を発揮します。
顔全体を洗い終えたら、洗顔料をぬるま湯で最低20回以上すすいで、洗顔料が肌に残らないようにしましょう。
皮膚を傷めずに水分を吸収させるには、吸い取りのいい柔らかいタオルを顔に押しつけるようにしましょう。
顔を洗い終わった後は、毛穴から水分が逃げて角質層が乾燥しかけていますので、化粧水をたっぷり与えましょう。
透き通るような美白肌を目指して、洗顔のやり方を覚えるようにしましょう。

顔のシミを消す方法を伝授!できてしまったシミに効くスキンケア