小型カメラの危険性は?

日々日本の技術は進化しています。小型カメラにおいても画素数やコンパクト化の発展が目覚ましいです。今では家電量販店でも購入することができます。しかもそんなに高価なものではないので一般の人でも買えちゃえますよね。

いつどこでも手にすることができるので便利な世の中になりました。しかりながら、いつどこでも買えてしまう小型カメラには危険が潜んでます。業務等で使用するのには何の問題はありませんが、一部の間違った人が使用すると、とんでもないことになります。小型カメラはカバンや小物入れ、靴等に埋め込んで隠し撮りをする人もいます。電車の中では靴に埋め込んだ小型カメラで、スカートの中を隠し撮りされる危険があるでしょう。小型カメラでも靴やカバンに埋め込んでしまえば見分けはつきません。
>>小型カメラはこんな形!
今の日本では隠し撮りにあった被害が続出しています。いつどこで撮られているか分からないと思います。日常の通勤、通学で本人は気づかないかもしれないが、被害者になっている可能性がある。したがって、変な仕草の男性に注意を払い、小型カメラで撮られるかもしれないと予測することも大事ですね。